オーストラリアに留学を決めたとき、考えなければいけないことの一つとしてどのようにお金を持って行くかあります。初めて長い間海外へ行く方にとっては、複雑で分かりにくいことも多いかと思います。自分に合った方法を選択することが、留学生活をより快適に変えてくれるかもしれません。

こちらの記事では、オーストラリアへのお金の持ち込み方と、どういった方法が主流なのかについて解説していきます。

1.パターン別、お金の持ち込み方

 

お金の持ち込み方にはさまざまな方法がありますが、その中でも一般的な方法をいくつか紹介していきます。

①現金
②クレジットカード・デビットカード
③海外専用プリペイドカード
④海外送金
(⑤国際キャッシュカード)

 

①現金

これは現金を両替場所で換える方法です。その中でも2つの方法があり、日本で換える方法現地で換える方法があります。

日本で事前に日本円→オーストラリアドルに両替する場合

空港・銀行・金券ショップ・郵便局があります。

事前にオーストラリアドルを入手できるので、海外旅行に慣れていない方には安心ですが、現地に比べ為替レートの悪さや、手数料の高さから、昨今ではあまり主流な方法ではありません。

オーストラリアで事前に日本円→オーストラリアドルに両替する場合

空港・銀行・両替所・ホテル・一部の免税店などがあります。

主要シティに行けば国際通貨両替所がたくさんあり、それぞれの場所でレートと手数料が違うので、いくつか比べてから決めるのが一般的です。(日本に比べオーストラリア現地で両替をした場合、だいたい1ドルあたり10円ほど低くなります。)

 

現金は持っていればすぐにどこででも使えるので便利です。オーストラリアは治安のいい国として知られていますが、安全性を考え、現地で到着後1週間に使う分だけのお金(移動費や食費など)を現金として持つのが一般的です。

 

 

②クレジットカード・デビットカード

クレジットカード・デビットカードはオーストラリアで最も一般的な支払い方法です。

日本のように現金で支払うのではなく、ほとんどの人がカードで支払いをします。現金を持ち歩かないという人も珍しくありません。

今まで何となくカードを使っていた…ぶっちゃけ何が違うの?

クレジットとデビットの大きな違いは支払い方法で、クレジットは後でまとめて銀行から引き落される、分割払いが可能といった特徴があります。一方デビットカードはその場で銀行から引き落とされるため、銀行残高の上限を超えないという特徴があります。

オーストラリアの主要都市では、ほとんどのお店でカード決済が可能です。(ストリートマーケットでは現金のみしか受け付けないという店もあります)

クレジットカードは18歳以上(審査あり)、デビットカードは15歳以上(審査なし)で作ることが可能です(銀行によって年齢条件は異なります。)

まとめると

クレジットカード デビットカード
支払い 後払い(後からまとめて引き落とされる) 即銀行から引き落とし
支払い方法 分割が可能 一回払いのみ
限度額 カードの種類や利用者で違う 口座残高が限度
発行元 クレジットカード会社 銀行
年齢 18歳以上 15歳以上
審査 あり なし
日本のクレジットカード・デビットカードをオーストラリアで使用する場合

為替レートは割安です。しかしながら、毎回為替手数料を払わなければいけない、どれだけ使ったのか分からず使いすぎてしまうという危険性があります。

未成年の方にとってクレジットは自分で使用するお金を管理しなければいけないのに対し、デビットカードは保護者に使う分だけ銀行に入れて管理してもらえるので安心かもしれません。

なお、現地でこれらのカードを使って現金を下ろすことも可能です。その際には、手数料や利子がかかるので気を付けてください。

 

③海外専用プリペイドカード

指定口座にお金を振り込むと自動的に外貨に両替され、振り込んだ分のお金を現地にておろす事が可能です。手数料が金額により比例するため、一定額以上の利用は海外送金の方が安くなることもあるので注意が必要です。また、プリペイドなのでチャージ作業をしないとカードは一切使えません。

デビットカードが銀行から引き落とされるのに対し、プリペイドカードは自分がチャージした分だけ使え、紛失時も銀行口座への被害がないのが特徴です。なお使用の際、振り込んでから1日から数日時間がかかってしまうので注意が必要です。

 

④海外送金

日本の銀行から現地の口座へ送金を行う方法で、多額のお金を送金する際の手数料が割安です。現地で口座を開設していることが条件です。また手数料については郵便局の方が大手銀行より安く、大手都市銀行の送金手数料は4,000円以上、郵便局は2,500円ほどで送金する事ができます。ただし、郵便局で送金をする場合、現地の銀行に着金するまでに1週間程度かかるので注意が必要です。

現地で口座を開くには手間と時間がかかりますが、1ヵ月程度の生活費は他の方法で準備して、その先の生活費については口座を開設してから日本の家族に送金手続きをしてもらってもいいかもしれません。

現地で銀行を開設する場合、NABCommonwealthANZWESTPACがオーストラリアの大手銀行として知られますが、中でも、ANZ,Commonwealth,NABの口座を持つ留学生が多くみられます。

 

2.実際みんなどうしてるの?

 

さて、今まで、オーストラリア留学に際するお金の準備の仕方について説明してきました。

が、「じゃぁ、実際私はどうすればいいの?」と思う人がほとんどかと思います。

多少リスキーでもお得な方法を選ぶ人、安全第一の人など、人によって優先事項が違いますよね。

ここでは、大きく2つのパターンに分けて、紹介したいと思います。

 

 

 

安全第一!高校生や学生にはこちら

 オーストラリアで何かトラブルがあったらとても心配だ

 お金の利用について、日本からコントロールできるようにしておきたい

 未成年の方

||

 基本:

「海外専用のプリペイドカーで支払い、現金の引き落としをする」

 

到着時・緊急用:

「最初の2週間分の生活費+@程度の日本円またはオーストラリアドルを持ち込む・または日本のクレジットカードを利用する」

海外専用のプリペイドカードの特徴として、現地に到着してから利用までに少し手間どう、というケースが良く見られます。主な理由は4つ。

・「アクティベート」作業をする必要があるがやり方が分からない。
・使用金額の上限が低く設定されている
・暗証番号が分からない
・カードにお金が入金されていない

このような理由により、現地に到着してからすぐにカードが使えない場合があります。そのような場合に備え、現金を少し持っておくと安心でしょう。(または、日本のクレジットカードなど)

 

 

一番メジャーな方法。安全かつリーズナブルな手数料!

 手数料を節約したい

||

 基本:

「日本からまとまったお金をオーストラリアの口座に送金してもらう」

 

到着時・緊急用:

「最初の1ヵ月分の生活費+@程度の日本円またはオーストラリアドルを持ち込む・または日本のクレジットカードを利用する」

日本からオーストラリアの口座への送金は、一回につく手数料は少し高いものの、まとめてお金を送金することができ、結果的にクレジットカードやプリペイドカードを使うよりは手数料が節約できます。

オーストラリアに到着してからすぐに現地の口座を開設し、日本から送金を受け取ることができるよう準備をしましょう。準備の間は、現金で日本円またはオーストラリアドルを持ち込むか、クレジットカードを使用すると良いでしょう。

 

とにかく一番得な方法を利用したい

 多少のリスクは覚悟の上。とにかく節約したい!

 ワーホリで働くことができる

||

 基本:

「オーストラリア現地で働いて得たお金で生活する」

 

到着時・緊急用:

「仕事が見つかるまでの生活費+@程度の日本円またはオーストラリアドルを持ち込む」

一番手数料が少なく、かつレートが良いのは「オーストラリアに日本円を持ち込んで、シティの換金所で換金する」ことです。換金額が増えれば、手数料も無料にしてくれるなどの交渉ができたりもします。この方法だと換金による目減りや手数料を最低限に済ますことができるのです。

しかし、この方法では飛行機の旅に多額の現金を持ち歩くというリスクを負わなければなりません。ですので、この方法での換金は最低限に抑えたいところです。

また、この場合、日本のクレジットカードを念のために持って行っておく、日本からの送金が可能なように家族に頼んでおく、など、仕事が見つからなかった場合、思ったより職探しが長引いた場合の対策を打っておくことは重要ですね。海外で万が一にでも「一文無し」になってしまわないよう、しっかりと計画を立てるようにしましょう。

 

 

 

 

 

3、おわりに

いかがでしたか?

オーストラリア留学の準備の中で欠かせない「お金」の問題。それぞれの方法には長所も短所もあり、一概に「この方法が一番良い!」ということは言えません。ご自身の留学生活のスタイルに合った方法を自分なりに検討することをお勧めします。