留学の手配は完了!でも、日本の役所で必要な手続き等について忘れていませんか?
帰国後の生活をスムーズに再開するためにも、留学に行く前に必要な手続きについて押さえておきましょう!

必要な手続きは①住民票(海外転出届)②国民健康保険  ③国民年金 ④マイナンバー の4つがあります。ここでは、住民票と国民健康保険についてご案内します。

1、住民票

基本ルール

1年以上の渡航を予定している場合、現在お住まいの市区町村役所に海外転出届を提出する必要があります(これを通常、「住民票を抜く」と表現します)。

■1年未満の留学:住民票を抜く必要はありません。

■ワーキングホリデーの場合:1年を超える渡航として申告可能。(最長で2年間の滞在が可能なことと、ワーキングホリデー後に他の国に行く可能性もあるため)

住民票を抜いたらどうなるの?

住民票を抜いた場合、影響があるのは、住民税の支払い及び国民健康保険の加入状況です。

住民税の支払い義務

住民税は、原則としてその年の1月1日現在に居住地の(住所のあった)市町村で課税されます。
留学を理由に1年以上海外で居住する場合は、日本国内に住所を有しないものとして判断され、1月1日をまたいで1年以上出国した場合にはその年度の住民税については課税されません。

*ただし、市区町村によっては、ワーキング・ホリデーでの滞在を「居住」ではなく「旅行」みなされることがあります。そのため、1年以上の予定の出国中であっても、出国前の市区町村に住所があるものとして取り扱われ課税されることがあります。

 

国民健康保険の加入状況:

住民票を抜くと、自動的に国民健康保険から脱退することとなります。国民健康保険を脱退すると保険料の納付義務は無くなります。国民健康保険を脱退することについての詳細は後でご紹介します。

 

手続きの際の注意
手続きの時期 転出する前に (余裕をもって2週間前には済ませましょう)
手続きに必要なもの ・印鑑
・国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
・届出人本人であることが確認できる書類(運転免許証、マイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カードなど)
手続きができる人 本人または世帯主

国民健康保険

基本ルール

前述したように、住民票を抜くと、自動的に国民健康保険の資格喪失(脱退)となります。

国民健康保険を脱退したらどうなるの?

国民健康保険の保険給付が受けられなくなります。

国民健康保険では、「海外で日本の保険の対象となる治療をした場合は保険金を支払う」としていますが、その保険金は実際に掛かった治療費ではなく、「日本で治療した場合の標準額」を元に計算され、さらに3割の負担もあるため、通常の治療については加入しておくメリットはほぼないと言えます。

ただし、別にご加入の海外旅行保険で歯科治療を保障内に含めておらず、緊急治療が必要な場合を想定すると、国民健康保険に加入していると安心です。(オーストラリアの歯科治療は高額なため)

3、おわりに

いかがでしたか?

市町村によって手続き方法や取り扱いが異なることがありますので、詳細についてはお住いの市町村区に直接お問合せすることをお勧めします。いずれにせよ、手続きの準備は早めに済ませましょう。

<関連記事>

渡航前にやっておく手続きって?②