ワーキングホリデーや留学の間、多くの人がオーストラリアで銀行口座を開設することになります。では帰国するとなった際、その銀行口座はどうすればよいのでしょうか?

答えは「解約手続きをする」です。

1、解約したほうがいい理由

口座を残している限り、使用状況にかかわらず口座の維持費(月$5~$10)がかかってしまいます。口座の維持費は学生だと免除されていることが多いですが、この免除にも最長2年まで、という制限がある場合があります。

もしかしたら将来旅行などで戻ってくるかもしれない、とお考えの皆さんもいらっしゃるかもしれませんが、旅行程度しか予定がない、もしくは再び長期で滞在するかもしれないが間があく、という場合はやはり維持費の支出の大きさは気になるところです。

*日本に帰ってからでも解約できる?

日本からでも解約は可能ですが、電話対応で解約に応じてくれるのは残高が全く残っていない場合のみ。そうでない場合は、口座番号や連絡先、署名や希望する対応などを記したフォームを開設先の支店に郵送しなければなりません。

こうした手続きの煩雑さを考えると、オーストラリアにいる間に解約手続きを済ませておいたほうが簡単です。

2、口座解約手続きをするには?

口座の解約には、最寄りの支店に直接出向いて手続きを行うことが必要です。自分のカード、そして本人確認のためのIDを持参したうえで指示に従いましょう。

3、おわりに

いかがでしたか?

帰国前は旅行や友人とのパーティなどで、必要な手続きのことを忘れてしまいがちですよね。この銀行口座の解約手続きは、日本に帰国してからよりも現地で済ませたほうがいい手続きですので、是非帰国前に済ませてくださいね。