Step 1 プランニングと情報収集
留学準備の中で何に一番時間がかかるのでしょうか?
それはずばり、学校入学手続きビザの取得です。
「どんな学校に入学したいのか」、「何のビザで渡航するのか」、これらの内容によって留学の準備期間が異なります。
オーストラリア留学は、様々な種類や方法があります。
学なび のカウンセラーとお客様の持っておられる情報を合わせながらご希望の期間やご予算に合わせた方法をご提案させて頂きます。
学なびは留学エージェントですが、入学手続きそのものに、手数料の請求は致しません。
また、相談や見積りなどに手数料を頂戴する事もありませんのでお気軽にご相談ください。
留学がしたいと漠然と考えている方は、まずはどのような滞在や就学をしたいのかをいっしょに掘り下げて考えてみましょう。

 

Step 2 学校の選択と出願
留学の目的が見えてきたら、①学校のタイプを選び、②出願に必要な書類、費用、ビザなども考慮しながら、学校を決定し出願し ます。
 学校のタイプ
学校のタイプ 留学の内容例
語学(専門)学校 留学生向けのコースを提供している学校。一般英語のコースはもちろん、英語系の資格を取得するコースや、インターンシッププログラム、専門学校コースなど留学生のニーズに応える様々なコースがある。
現地校 小中高 現地のオーストラリア人と共に勉強できる学校。「留学生枠」での入学となる。

 

専門学校
大学
 出願に必要なもの例
□申込書
□過去の学校の成績表(英訳版)
*学校によって最終学歴/直近2年分 など要求される成績表が異なります。必要ない場合もあります。
□英語力証明の書類等(英語力の証明が必要な場合)
□パスポートのコピー

 

STEP 3 ビザの取得%e7%9b%b8%e8%ab%87
学校の出願が無事終わり、オファーレター(申込内容確認書)が発行されたら、次はビザの取得にとりかかります。

オーストラリアに留学するには主に3つのビザが利用されます。

* 学校を決める際に、何のビザで留学するのかを決定しておく必要があります。

 

観光ビザ ワーキングホリデービザ  学生ビザ
滞在期間 3ケ月 1年間 受講コースの期間による
できること 観光
就学(3か月以内)
観光
就学(17週間まで)
就労
観光
就学
就労(週20時間まで)
メリット 申請費用が比較的安い。

 

 条件はあるができることの自由度が一番大きい。  就学するためなら長期間のビザを取得することも可能
デメリット  18歳以上30歳以下のうちに一生に1回のみ取得可能  ビザの取得に必要な書類が一番多い

 

STEP 4 ご渡航前のその他の諸手続き
 学校とビザの手配がひと段落したら、その他の具体的な手続きを進めて行きましょう。

渡航までにやらなくてはならない手続きについては以下のようなものが考えられます。

学なびを通して「学校または留学プログラムの無料手配代行」をお申込みいただいたお客様にはこれらの手続きのサポートも提供させていただいております。
01-%e3%83%91%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88

■航空券取得
■ホームステイ先、または寮の手配
■到着日の送迎の手配
■海外保険への加入

学なび のサポートについて詳しく知る

 

■日本の役所への手続き
日本の役所の手続きについての記事を見る

STEP 5 ご出発前の最終準備
 出発前に担当カウンセラーと最後の準備確認を行います。%e6%89%8b%e7%b6%9a%e3%81%8d

■ホストファミリーのご案内
■学校初日のスケジュールのご案内
■ビザの確認
■航空券の確認
■到着時緊急連絡先の連絡(有料サポートお申込みのお客様対象)

 

STEP 6 渡航、留学生活スタート
 現地の生活をスタートする上で必要な手続きについては、ご出発前にお渡しする「留学生活スタートのための虎の巻」を参考にしてください。銀行口座の開設、タックスファイルナンバーの取得、携帯電話の契約、引越しの手続き…基本的な手続きに関することをまとめています。
ブリスベン近郊に渡航される方はもちろんオフィスで、またはLINEやメッセンジャーを通してお気軽にご相談ください。
(相談内容例)
■銀行口座の開設
■携帯電話の契約
■タックスファイルナンバーの取得
■在留届けの提出
■Go Cardの購入手続き 
STEP 7 帰国準備
 滞在期間を満足に過ごせたか、もっと何かできる事はないかなど、弊社のスタッフと共に時間を有効に使う事を考えましょう。短期間で少しでも帰国後に役に立つ体験ができるはずです。

お問合せ